故障傾向 2009.12~2010.1

本日未明(日本時間)に iPad の発表があり
思わずエントリをしてしまいました
失礼致しました

故障傾向です
あいかわらず問い合わせ、ご依頼が多いのは
PowerMac G4 MDD です
ほぼ電源ユニットの故障が原因ですが
ロジックボードやCPU、ドライブ類の故障という案件も
少数ながらも扱わせていただきました

現在修理に用いている電源ユニットは中古 PMG4 MDD からの捻出品ではなく
電源ユニット内部のコンデンサー類を信頼性の高い新品と交換した
いわゆるリビルト品です
昨年末よりリビルト品の入手が可能となり
耐久性、安定性、信頼性が飛躍的に上がりました
6ヶ月の保証をお付けしております
(参考までに Apple が修理した場合、90日保証でした)

PMG4 MDD 以外では
PMG5, iMac G5 / intel, MacBook のお問い合わせ・修理件数が多かった印象があります

PMG5 はロジックボードの故障が目立ちます
かつてのフラッグシップ機であり
OS 9 / Classic 対応の最終モデルだけあってか
見積もりの後、修理をご依頼されるお客様が多いのが印象的です

それに対し iMac や MacBook 系は
PMG5 に比べると取得価格がやや低いこともあってか
修理見積り額の提示を受け、修理を躊躇される方が多く
1、2年程度の経年の浅い機種でも修理をせず
HDD データの移行のみで買替えを選択される
ユーザーの比率が高いという印象です

次回は....
メーカーサポートが終了してしまった
旧機種の修理についてエントリさせていただく予定です

それではまた次回、またこの場所で....

しばらくは「iPad 祭」状態ですなぁ
人気blogランキング

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://alab.tblog.jp/trackback/241703

Trackbacks

Go to top of page