故障傾向 2010.2~5

皆様大変長らくお待たせ致しました
ALab.でございます
最後のエントリーから2ヶ月以上も経過してしまいました
申し訳ありませんでした

それでは故障傾向です
やはり PowerMac G4 MDD(以下 MDD)が中心でした
実は2月から4月にかけては
お問い合わせの件数が徐々に減ってきておりました
MDD の修理依頼が減少しているということは
ユーザーの OS 9 環境から OS X 環境への移行が進んでいるのかと思いきや
5月に入ってからお問い合わせが増えはじめ
5月末にはむしろ以前より増加しており
多い日には一日何件ものお問い合わせをいただく日もあります
気温が上昇してきたせいもあってか、またしても電源ユニットの故障が増えております
MDD は2002〜3年頃に製造された機械ですので
7、8年が経過し、徐々にコンディションが悪化しております
電源以外にも HDD、光学ドライブ、ロジックボードなどの故障も目立っております
意外なところではメモリの故障もございます

脱線しますが
Google が発表したメモリに関する論文によりますと
「経年数は、エラー率に驚くほど大きい影響を早い段階で与えることが分かった」
「経年劣化は、訂正可能なエラーの発生率の増加という形で、使用開始後わずか10〜18カ月で始まる」
とあります
つまり7、8年も経過すれば、故障率はかなり高くなるとも言えます
具体例をあげますと私共は商売柄 PM G4 AGP / QuickSliver 用の中古メモリ
PC100 or 133 SDRAM 規格を大量に保有しております
おそらく製造から10年を超えているメモリが大多数のはずですが
一定量がエラーを起こしております
起動すらできないもの、起動しても起動途中でフリーズやカーネルパニックを起こすもの
Finder まで起動してもアプリの起動が不能、フリーズしてしまうもの
アプリが起動できても不安定なもの
これらはほぼメモリが原因です

弊社ではこれまで、上記のような症状は「メモリの相性問題」と捉えておりましたが
上記の Google 記事を目にしてからは
相性ではなくメモりの劣化と判断し、撥ねて廃棄しております
不安定なメモリは一切販売致しておりません
中古 Mac(とくに PM G4)を販売する場合は
ビジネス用にご購入されるお客様には
HDD と同様、極力メモリも新しいものをご購入いただくようおすすめいたしております
(そうは言っても高品質の新品 PC133 規格のメモリは入手困難なんです.....)

先日 PM G4 QuickSilver / 933 ユーザーより
メモリの最大搭載(1.5GB = 512MB x 3)を依頼されたのですが
品質の高い PC133 メモリの確保にはかなり苦労致しました
興味のある方はお問い合わせください
OS 9 / X の併用には 1GB 以上は確保したいところです

閑話休題
MDD の次にお問い合わせが多かったのは PowerMac G5 でした
2〜4月ごろはかなりの量の PM G5 を扱わせていただきました
PM G5 の場合、故障箇所が多岐にわたるのが特徴です
電源、ロジックボード、CPU、ビデオカードの故障が目立ちます
ご存知の通り PM G5 は Classic 動作可能な最終、最高スペック機種です
環境の整備、調整により OS 9 起動は不要でも
最低限 Classic がないと業務に支障を来す
周辺機器の縛り等でどうしても Classic を利用しなければならない場合は
PM G5 または iMac G5、Mac mini / G4、PowerBook G4 という選択肢となりますが
iMac、mini は耐久性が低く、数万円の修理費用をかけて修復するよりも
同等の中古品や廉価な PM G5 初期モデルで代替される方も増えております

PM G5 は筐体の大きささえクリアできれば
拡張性も高く、投資をすれば
・メモリ最大搭載量 4GBまたは8GB、Dual Core モデルは16GB
・HDD 4TB 2TB2台搭載した場合
・ビデオカードを Duallink 対応にした場合、30インチモニタも利用可能
・eSATA カードを搭載すれば、大容量・高速な eSATA RAID HDD も利用可能
と現役として利用可能です
OS も 10.5 Leopard までアップグレード可能なので
巷で大人気の iPad も利用可能です

PMG4、G5 ともApple のサポートが終了してしまった機種の
お問い合わせが増えております
iBook、PowerBook G4 もお問い合わせがコンスタントにあります
やはり OS 9 / Classic を必要としているユーザーが多いというのが現実なのでしょう
私共としては、品質の高いパーツの確保に努めておりますが
文中でご紹介した「PC133 規格メモリ」「U-ATA / IDE HDD 規格 HDD」など
メーカーが製造を絞っているパーツが増えており
旧機種をまだまだ使用しなければならない状況で不具合を抱えた Mac をお使いであれば
一日も早く修復されることをおすすめ致します

長文お付き合いいただきありがとうございます

それではまた次回、またこの場所で....

世間は「iPod 祭」開催中ですが、私はまだ買いません!(笑
人気blogランキング

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://alab.tblog.jp/trackback/251539

Trackbacks

Go to top of page