故障傾向 〜復活〜

蝉の声が大きくなりだし、夏本番を迎えつつある練馬です

大変ごぶさたの故障傾向なので、いろんな意味を込めて
「復活」と題させていただきました
暗い話題の続く日本ですが、前を向いてゆっくりと一歩ずつ進んで参りましょう
今後ともよろしくお願い致します


「震災」「猛暑」という要因がありますので
故障傾向が異なる印象もございますが
きちんとした統計をとっている訳ではありませんので
あくまで私共の私見、印象であることとご理解ください

ここ最近でもっとも扱いが多いのは「iMac」です
G5、Intel 樹脂筐体、Intel アルミ筐体世代の故障が目立ちました

HDD のみの単純故障が多かったですが
この機種特有の「コンデンサ」問題も目立ちました
やはり iMac は Apple のトップセールス機種なので
ご相談件数もかなり増えている印象です
また iMac はその構造上「ファンの暴走」も増えております
ファンの暴走をはじめとする iMac の故障傾向については
後日あらためましてエントリさせていただきたいと思っております


気温の上昇に比例して増えているのは
「PowerMacG4 MDD」の電源ユニットの故障です
これは「定番」なので詳しい説明を省きます
過去のエントリをご参照いただければと思います
電源ユニットについては常時在庫するように努めておりますので
緊急対応が可能です
詳細はお電話にて相談となりますが、諸々の条件が整えば
お持ち込みいただいて、すぐその場で修理作業を行い
1時間程度でお持ち帰りいただくことも可能です
喫緊の締め切りが迫っている場合などはご相談ください


「PowerMac G5」もコンスタントに修理させていただいております
こちらはロジックボード、CPUの故障が目立ちます
どうしても修理費用が高くなる傾向にあるので
修理を躊躇される方が目立ちます
PMG5 は極力パーツを保有するよう努めておりますが
4世代・14機種で機種間の互換性が低い機種なので
流通量が少なかった上位機種の修理には難儀しております
具体的には
「M9457J/A PM G5 2.5Ghz Dual」
「M9749J/A PM G5 2.7Ghz Dual」
「M9592J/A PM G5 2.5Ghz Quad」等の
各世代の最上位機種は販売価格が高かったこともあり
きちんと修理をして継続して使用し続けたいユーザーが多い傾向です


他には
「PowerBook G4 Ti」
「iBook G3 / G4」
が目立っております
意外なところでは
「PowerMac 7600、8500」などの PCI Macintosh シリーズを
何件か修理させていただきました


修理ではございませんが、この場をお借りして、、、
6月末に福岡県のお客様より5年ぶり2度目のご指名をいただき
観光を兼ねた出張をさせていただきました
お心遣い感謝致しております、御礼申し上げます
ありがとうございました

それではまた次回、またこの場所で....

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://alab.tblog.jp/trackback/275922

Trackbacks

Go to top of page