Macの故障傾向 2018.7

練馬は暑いです、いや、熱いです
気温38.8度、体温を超えてます
埼玉県・熊谷市では41.1度を観測
国内歴代最高気温を更新しました

創業20周年!とか書いてる暇があったら
ちょっとは Mac のことを書きなさいよ!
というお叱りをいただきました
申し訳ございません、反省しております…<(_ _)>
故障傾向をエントリーさせていただきます
なんと更新は、、、3年ぶり、、、
それでは早速

やはり修理依頼は iMac が中心です
MacBook Pro が続き
Mac mini、MacBook Air、Mac Pro(旧型)は僅差というところでしょうか
私共の得意分野である旧世代の
PowerMac、PowerBook 系のご相談もコンスタントにございます

iMac の故障傾向について掘り下げてみます

初代ブラウン管 iMacG3、大福 iMacG4
白樹脂筐体 iMacG5 / Intel 初代モデル世代の
修理需要はさすがに落ち着いており
年に数件レベルの扱いとなっています

ブラウン管モデルは1998〜2003年の販売でしたので
ほぼ「コレクターズアイテム」状態となっています
iMacG4 は専用スピーカー*が充実しており
音楽再生用途での根強い需要があります
G4/G5 世代はクラシック環境を必要とされる層にとっては
マストなので僅かながらも修理需要はございます

 *ハーマン・カードン製で登場から15年が越えましたが
  今も音質の評価は高く、単体使用できる改造も人気です

やはり修理需要の中心は光学ドライブが内蔵されている
アルミ筐体の以下のモデルとなります
現行の薄型光学ドライブ無しモデルのご相談も増えてきましたが
まだ正規修理の対象機種ということもあり、私共ではまだ少数派です

(1)背面樹脂 Mid 2007〜Early 2009 20 / 24-inch
(2)背面アルミ Late 2009〜Late 2011 21.5 / 27-inch

の2世代がございますが、
修理需要の中心は(2)世代です
(1)世代は経年が10年を越える機種が増えたこともあり
修理需要が減ってきております

この世代の iMac ユーザー層は
現在ではプロユースの比率が高い印象です
販売当時はファミリー層の需要も高かったのですが
経年とともに、いわゆる「パソコン離れ」が進んだこともあってか
ライトユーザーは iPhone や iPad への移行と
パソコン派でも MacBook =ラップトップへの移行が進んだようです
プロユーザーは画面の大きさ、メモリ増設可(27-inchのみ)という
仕様上の利点もあって 27-inch の比率が高いです

この世代の iMac は既に Apple のサポートが完了しており
業務でヘビーユースされた個体の修理ニーズが高まっていますが
経年の進んだ iMac の弱点は「ビデオカード」です
筐体の大きかった PowerMac / MacPro は PCI 規格のビデオカードなので
流用が可能でした(条件によっては Win 用も流用可)
種類も豊富なので価格に幅があります
中古品の流通もあるので、条件によっては安価なビデオカードが利用可です
ところが iMac は専用規格なので
ネットオークション・中古店等で iMac専用のビデオカード単品は
なかなかお目にかかれません
iMac のビデオカード修理を行っているショップ・企業がありますが
大陸系の企業が多くトラブルが多発しているとも言われています

経年の進んだ Mac を何故修理してまで使い続けなければならないのか?
その最たる理由は
「ソフトウエアを借りたくない」
からです
かつてソフトウエアは「購入」できました
(Adobe CS6 パッケージは2014年に販売完了)
つまり買取り・永久ライセンスだったのです
機械もソフトウエアも「資産」扱いだったのですが
現代に於いては主要ソフトは
サブスクリプション(レンタル)扱いのみとなり
Adobe の場合、年額64,540円となっています

Adobe CS6 以前の購入者はバージョン適合の関係上
最新の macos は利用できません
つまり旧世代の Mac 環境を維持しなければならないのです
条件によっては10年選手の Mac を使用しなければならないのです

修理すべきか、環境を更新すべきか?
ソフトを優先し旧機械の修理に投資し続けるのは不安です
ソフトをレンタルし Mac を更新するのは大きな投資と同時に
新環境の慣熟に時間を要するという不安もあります
やはりこのご時勢、投資には慎重にならざるを得ません
悩ましいです


実は「特別な PowerBook」を修理させていただく機会があり
ご紹介したいと思っているのですが、長文になったので
今回の故障傾向はここまでにさせていただきます

よろしければ 過去の故障傾向 もご参照ください
それではまた次回、またこの場所で

to ALab. Home Page / エーラボ ホームページへ

20th Anniversary ALab.

本日2018年6月20日を持ちまして
私共 ALab./エーラボは
創業20年を迎えることができました

こんなにも長い期間に渡り
私共 ALab.を支えてくださった
皆様には感謝の言葉しかございません
ありがとうございます
そして、今後ともよろしくお願い申し上げます

10年一昔という表現がございますが
20年ともなると隔世の感とでも申しましょうか。
私共も時代に取り残されないよう
現行機種のサポートと並行し
ビンテージモデルのサポートにも
より一層注力して参りたいと存じます

20年間ご愛顧いただき感謝申し上げます
今日から21年目となります
重ね重ね今後ともよろしくお願い申し上げます

店主

ALab./エーラボ
177-0035 東京都練馬区南田中2-17-11-101
エーラボホームページ alab1998.jp
メール:mail@alab1998.jp
電話 03-5372-7107
営業日時 平日12〜22時 土日祝不定休

架空請求にご注意

「電子商取引における遅延が成立しております。
期日が経過している為、本日中に必ず連絡下さい。
(株)ブロス 03-5924-6536」

先日このようなショートメールが届きました
電話番号を検索してみたところ、多くの方々に届いているようで
弁護士事務所などでは早速「詐欺認定」しているところもありました

対策は「無視」です
この手のメールはとにかく絶対に電話(反応)してはいけないということです
もし怪しい動画を視てしまっていたり、いかがわしいサイトの利用歴があったり
「後ろめたいモノ」があったとしても
このショートメールが送られてきた段階では
不特定多数にバラまいているだけですの
私達はまだ特定されていません
表記されている電話番号に発信(返信)した時点で特定されるのです
この手のメールは無視。ひたすら無視することです

そもそも金銭を請求をするのであれば
氏名を明記し送信されてきますし
請求の元となった行為が「いつ」「どこで」「どのようになされた」が
明示されていなければなりません
請求する会社の情報(住所・URL 等)も明示されているはずです
そもそもショートメール(SMS)で送信というのがあり得ない請求方法なのです

このブログをエントリーしている最中に
70代のお客様からこんなご相談の電話がありました

「アマゾンジャパンから102,000円の請求の電話があったが
 身に覚えがありません」

ここでのポイントは「電話があった」という点です
詳しく聞いてみると、どうやら私同様、最初にショートメールが届いたようで
「アマゾン」ということで、メールに表記されていた電話番号に
誤って返信してしまったようなのです(スマホはクリックすると自動発信してしまう)
後日アマゾンジャパン相談室を名乗る組織から電話があったそうで
残念な事にご自身の氏名、生年月日を答えてしまったそうなのです
相手にしてみれば電話が掛かって来た時点で
詐欺を働くために騙しやすい人としてマークしています
そして言葉巧みに「氏名」「生年月日」を引き出したのです
このような業者間では「騙しやすい人」の情報が売買されているとも言われています
一度でも悪質業者・詐欺業者にマークされてしまいますと
被害に遭われた方には申し訳ありませんが『カモ』扱いにされてしまい
徹底的に狙ってくるのがそういう輩の特徴なのです

この業者の情報は
「アマゾンジャパン相談係 03-4329-1329」
です、ご注意下さい。

このお客様にはこの電話番号からの着信は拒否するよう伝え
文書等で正式な請求がなされるような状況であれば
弁護士に相談するよう伝えました

このような初歩的な架空請求でも引っかかってしまう方が大勢いらっしゃるようです
スマホは便利なツールですが、その反面こういう詐欺まがいの犯罪を
生む温床でもあるようです
無視すれば良いだけと理解できていても
突然このようなメールが届いてしまった場合
不安に感じてしまうのも事実です
ご紹介した2つの例は氷山のほんの一角に過ぎません、ご注意ください

嫌な時代になったものですね

それではまた次回、またこの場所で

to ALab. Home Page / エーラボ ホームページへ

19周年

おかげさまで2017年6月20日をもちまして
私共は開業19周年を迎える事ができました
多くのお客様に支えられ続け、今日も元気に営業させていただいております
感謝の言葉しかございません

20年目。原点回帰で精進して参りたいと思います
どうかこれからもよろしくお願い申し上げます

店主

ALab./エーラボ
177-0035 東京都練馬区南田中2-17-11-101
エーラボホームページ alab1998.jp
メール:mail@alab1998.jp
電話 03-5372-7107
営業日時 平日12〜22時 土日祝不定休

ついに iMac Pro

WWDC 2017 にて iMac Pro が発表された
CPU が Xeon 8 / 10 / 18 コアから選べ
メモリは最大 128GB
ストレージは最大 4TB SSD とな るそうだ
注目の価格は$499からの展開となる
日本市場では8コアモデルでも50万円超ということは
18 コアでメモリ、SSD を増設したら100万円コースだろう
この価格帯の Mac に果たしてどれくらいの需要があるのだろうか?
筐体の色は iPhone や iPad Pro に近いブラック系のカラーとなる
発売は本年12月

正直に申し上げると「熱」が心配だが
来年の新 Mac Pro までの「つなぎ」モデルであって
現 Mac Pro(黒い円筒)が 2013 の発表以来、実質変更が無いので
とりあえず、既存の iMac 筐体に Xeon を載せてお茶を濁しただけ、、、とも思える

それにしても次期 OS 10.13 の名称が「High Sierra」ってのは、、、

まずは速報まで


それではまた次回、またこの場所で

to ALab. Home Page / エーラボ ホームページへ

メール設定トラブル

練馬の桜はすっかり葉桜です
日中は20℃を越え、夏の装いの方も目立つようになりました


例年この時期になると増えるトラブルが
「メールが受信できない」
「受信はできてるが、送信できない」
などがございます

3月下旬から4月に掛けて、メール設定のサポートは1年で最も多くなります
ここ数年では Mac/PC だけでなく、スマホ、タブレットPC に対する
メールの再設定・調整のご依頼も増えております
なぜこの時期にメール絡みのトラブルが増えるのでしょうか?
その原因の1つにプロバイダ側のメール送受信の仕様変更がございます

メール(電子メール)のしくみについておさらいですが
一般的なプロバイダを利用している場合
メールの受信の流れは、まず送信主からプロバイダ内の
メール受信サーバーにメールが届きます
Mac/iPhone に直接届いているのではありません

MacOSX, iOS の場合「メール」というアプリが
プロバイダの受信サーバーにアクセスし、メールを読み込みます
「メール」が定期的にアクセスし、新着メールがあると
音や振動・マーク・赤い数字等で新着を知らせてくれます

メール新着iOS
iOS「新着メール1通あり」の表示例

メール送信の場合は逆の手順で「メール」で作成したメール文書を
一旦プロバイダ内の送信サーバーに送信し、そこから相手の受信サーバーへ送信されます
この「受信サーバー」「送信サーバー」には
アカウントID、パスワードによってアクセスする仕組みになっているのですが
その仕組みやルールがプロバイダの都合で変更されるのです
変更の時期は(プロバイダによって異なりますが)
年度が変わる3月末、4月上旬となる場合が多いようです

以上がこの時期にメール絡みのトラブル対応が増える理由です

それでは何故プロバイダはユーザーがメールの送受信に影響が出る
「仕様変更」をするのでしょうか?

プロバイダがメールの仕様を変更する主な理由は
迷惑メール、スパムメール、フィッシングメール等を防ぐためです
「なりすまし」や「PC乗っ取り」「誘導」などあの手この手で
不正なメールが大量に送信されていますので
プロバイダとして利用者に受信させない為に変更するのです

ご存知の通り「防ぐ」「破る」はイタチごっこです
「防ぐ」のはプロバイダが未然に防ぐのが理想なのですが
残念ながら不正メールはどんどん巧妙化し
以前は防御できていた内容でも、一定期間を過ぎるとすり抜けてしまうので
ユーザーやプロバイダは定期的に対処しなければなりません

カスペルスキー社の調査によると 2016 年に送信された全世界のメールの
58.31% はスパムだったとアナウンスされています
そんな膨大な量のスパムを防ぐためにプロバイダによっては
「厳しい制約」を利用者に求める場合があるのです

「厳しい制約」とは「メール」アプリの細かい設定を必要とする場合があります
OSX は着々と進化していますが「メール」アプリも進化しておりますので
新しい防御方が設定可能になったり、設定方法や表現が変わってしまうこともあります
OS / メールアプリのバージョンによって設定は異なることがあり
これが混乱の元となってしまうことがあります

世の中には、OS 9 / Windows XP などの
旧世代の OS(=古いメールアプリ)の利用者もいらっしゃいますので
どの世代・バージョンをフォローするかはプロバイダ次第(さじ加減)となります

この「加減」がとても難しいようです
最新のスパム対策仕様にしてしまうと
古いバージョンのメールアプリが利用できなくなります
逆に古いバージョンの仕様に合わせてしまうと
最新のスパムには対応できなくなり
利用者にスパムメールが届き易くなるというジレンマがあります
汎用性(ユーザーフレンドリー)と信頼性の優先度の判断は
運営上とても難しいと思います

みなさんはプロバイダから「メールの仕様変更」などの案内が届いていませんか?


それではまた次回、またこの場所で

to ALab. Home Page / エーラボ ホームページへ

特売 Adobe CS3が動く! 新品 MacBook Pro

どうぞ本年もよろしくお願い致します

新年早々ですが
貴重な商品が入荷致しましたので
ご案内させていただきます

未開封新品 MacBook Pro 13-inch Mid 2012(以下 MBP13)です
「何を今更」とお思いの方も多いことと思いますが
この機種は2012年9月の発売以来
2016年10月末まで販売され続けていた
隠れたベストセラー機でした
光学ドライブが内蔵されていて
メモリや HDD / SDD を自由に換装できる
最後のノート型 Mac でした

後ほど詳しく説明しますが、このモデルの最大の特徴は
「古いバージョンの OS が動作する」という点です
よって ALab.仕様 MBP13 は OS が選択可能なのです

OSX 10.7 / Lion
OSX 10.8 / Mountain Lion
OSX 10.9 / Mavericks
OSX 10.10 / Yosemite
OSX 10.11 / El Capitan
OSX 10.12 / Sierra

からお選びいただけます
旧 OS が選択できるということは
旧 Adobe CS シリーズが新品の Mac で継続使用できるのです!

おススメはパーティション2分割し
お望みのバージョンの OS をそれぞれにインストールし
それぞれのバーテションからデュアルブートが可能になることです
例えば『 Lion + El Capitan 』とセットアップすれば
一方では Lion で Adobe CS3〜5 などの旧バージョンを利用可能で
もう一方では Sierra にて iPhone や iCloud 等の最新機器・サービスが利用でき
この1台で全てがカバーできてしまうのです!

長年使用している Mac はトラブルを抱えつつも
旧ソフトを使用し続けるには、不具合を我慢し続けるか
不安の大きい中古 Mac を購入するしかありません
この機会に新品1年保証付きの MacBook Pro 導入の
ご検討をされてみてはいかがでしょう?
メモリ、SSD が値上がりしておりますので
今回は限定数のご案内となります


「仕様」
MacBook Pro 13-inch Mid 2012 MD101J/A
Core i5 2.5Ghz
16GB memory / 480GB SSD
外付 USB 3.0 500GB HDD

「価格」
180,000円(税別166,667円)
現金特価

「保証」
本体・外付HDD 1年保証
メモリ永久保証、SSD 3年保証


「納期」
当 MacBook Pro は未開封新品状態でストックしており
ご注文確定後に開封し、アップグレードを施し
ご希望バージョンの OS を再インストールする都合上
納期は最低でも1営業日を要します
予めご了承下さい
納期は事前にご相談下さい

『OS のバージョンについて』
上述のとおり、この機種の最大の特徴は
旧バージョンの OS が動作するという点です
現時点で6世代が搭載可能です
具体的には Lion / 10.7 から Sierra / 10.12 です
ご覧の通り OS 10.7 が動作するのです!
このALab.仕様はお好みのバージョンにてセットアップ致します

MD101J/A_1

MD101J/A_2

MD101J/A_3

シリアルナンバーはボカしていますが同一の個体です
どちらも「MacBook Pro 13-inch Mid 2012」と表記があり
OS 10.7 と 10.11 が同型機で動作しています
SSD を2分割し、それぞれに
・500a = OS 10.7
・500b = OS 10.11
をインストールし、どちらからも起動可能です
この例では 10.11 にてご案内してますが
最新の 10.12 Sierra も搭載可能です
メモリは 4GB 表記になってますが、当商品は 16GB となります

旧バージョン OS を購入済み(ダウンロード済み)の方は無料となりますが
未購入の場合は有償(2,400円〜)となります
詳細はお電話にてご相談下さい

かつて大金を叩いて購入した Adobe CS3 / CS4 / CS5 などの
パッケージソフト(永久ライセンス版)資産は
現行の Sierra 上では動作しませんし
アップグレードもできなくなってしまいました
旧 Adobe ソフトが動作する Mac が故障してしまった方は
修理をするか中古 Mac を購入するしかございません
5年が経過した機種は修理サポートが終了していますし
中古 Mac の購入は品質が不安ですし、保証期間が短いです
この ALab.仕様の MacBook Pro ならば
お手持ちの Adobe CS シリーズ が
新品の Mac で利用可能になるのです!

Adobe ソフト群は現在は月々5,378円のレンタルのみです
新しいバージョンはあまり使わない機能が搭載され
使い勝手が悪いと感じる方も多いようです

使い慣れた貴重で高価な資産

をこの MacBook Pro でまだまだ活用しましょう!

光学ドライブ内蔵ですので
USB SuperDrive(9,504円)等の購入は不要です
既存の インストール DVD がそのまま利用できますし
外付け 500GB HDD が付属しますので、バックアップも可能です

Thunderbolt / サンダーボルト端子がありますので
屋内では大型モニターやキーボード、マウスを接続し
デスクトップ機同様の利用も可能です

不明な点がございましたら、お電話でお問い合わせ下さい
ご検討よろしくお願い致します。

高額商品です、実機をご確認されてから
ご購入を検討ということであれば、ぜひ下記事務所までお越し下さい
予約制となりますので、お手数ですがお電話にてご予約下さい
デモ機もご用意しております、ご来店をお待ちしております

ALab./エーラボ
177-0035 東京都練馬区南田中2-17-11-101
03-5372-7107
http://alab1998.jp

大規模停電

埼玉県・新座市野火止にある東京電力の関連施設
地下トンネル(洞道)内のケーブル火災により
東京都の一部では大規模な停電が発生致しました

弊社でも 10/12 15:30過ぎに何の前触れも無く電気の供給が停止しました
無音でいきなり電源が落ちた(ブレーカーが落ちていない)ことと
電気製品の利用状況から弊社内の事故ではないと推測しておりました
隣接の商業施設の照明も全て消えておりました
外に出てみると、近隣の方も表に出て周囲を確認していましたし
目の前の交差点の信号機は止まり(警察官が交通整理していた)
数十メートル先の杉並区内の信号機は点灯していたことから
当初近隣で電気工事の作業ミスでもあったのでは?と推測しておりました

10分程度で復旧したので、TV、ネット等で状況を確認したところ
上述のケーブル火災によって豊島区、板橋区、中野区、杉並区や
中央官庁(港区)にも影響が出ており、西武鉄道は一時全線運行停止に陥るなど
かなりの大規模停電だったようです
報道によると58万世帯、11区に及んだそうですね

実は私共では突然の停電により
複数の外付け HDD のうちの1台に不具合が生じてしまいました
このような状況でお困りの方は、お問い合わせ下さい
今回は東京電力側の事故由来による、我々一般市民にとって不可抗力の出来事なので
特別サービスとして作業費に応じ1000〜10000円の
お値引きサービスをさせていただきたいと思います
11区、在勤在住の方で
「東京電力の停電のせいで○○が壊れた」
と仰っていただければ
一律でお値引きさせていただきます
ご検討よろしくお願い致します。


今回事故が起きたと思われる送電ケーブルは35年前に敷設されたとのこと
東京電力によると、この種のケーブルには耐久年数が設定されていないのだそうです
つまり異常を確認した時点で交換するという前提のようです
10分で復旧したことは、評価すべきなのかもしれませんが
原発事故によって原発が再稼働できず、今後電気代が値上がる可能性が高い状況下
こういった35年も経過したインフラが、故障してから交換する前提というのは
私共のような立場の者からすると、俄には信じられないのです
これだけの市民に悪影響を及ぼす可能性のあるインフラに
寿命が設定されていないというのは強い違和感を覚えます

例えば鉄道車両などは故障の有無に関係無く
期間または走行距離に応じて段階的な検査が義務づけられております
自家用車は2年(新車3年、商用車1年)おきにバカ高い費用負担が生じる
車検という制度があります
これらは税収と合わせ、事故を未然に防ぐという目的があるからです
原発もそうですが、国は何故電力会社にこんなに甘いんでしょうね?


それではまた次回、またこの場所で

to ALab. Home Page / エーラボ ホームページへ

18周年

大変ご無沙汰致しております
おかげさまで本日2016年6月20日をもちまして
弊社は開業18周年を迎える事ができました
紆余曲折はございましたが
今日まで営業を続させていただけることができましたのは
ひとえに顧客の皆様のおかげでございます
19年目もどうぞよろしくお願い致します

店主

ALab./エーラボ
177-0035 東京都練馬区南田中2-17-11-101
エーラボホームページ alab1998.jp
メール:mail@alab1998.jp
電話 03-5372-7107
営業日時 平日12〜22時 土日祝不定休

謹賀新年

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します

本年は1月4日より営業となります
お得な中古 Mac、ソフトウエア、周辺機器をご用意しておりますので
近々ご案内させていただきたいと存じます
また故障やセットアップでお困りの方はご相談下さい
出張対応、緊急対応も可能です、よろしくお願い致します

店主

ALab./エーラボ
177-0035 東京都練馬区南田中2-17-11-101
エーラボホームページ alab1998.jp
メール:mail@alab1998.jp
電話 03-5372-7107
営業日時 平日12〜22時 土日祝不定休

Go to top of page